忍者ブログ

KYMCO SUPER9 A GOGO! キムコ スーパー9 -輸入原付スクーター生活-

台湾製の50ccスポーツスクーター「KYMCO SUPER9S(キムコ スーパー9S)」を通勤快速な仕様にするべく、独自のDIYテクニックを駆使し、自作パーツ製作や改造・カスタムしていく記録を綴ったブログです。(2015年にFC2ブログから引っ越してきました。)

マロッシ製マルチバリエーター&ベルトを装着!

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 貯めたポイントを使って最安値でパーツを買うなら「楽天市場」■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ↑ 上のバナークリックでバイク用品売り場へジャンプ出来ます ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






※ 当ブログの記事内容、及び 画像の無断使用と転載を禁じます。改造に伴う車体の故障、破損、人命に関わる事故や怪我などは全て自己責任でお願いします。改造によって車体売却時の査定額が下がっても当方では一切責任は持ちません。※

コメント

1. おはようございます。

私は、へそ曲がりで、
MFR スポーツプーリーキット(WR:8.0g×6個)を、付けました。
電気系:PPS PPS・ミニVer.シルバー
マフラー:ノーマル、タイヤ:ノーマル

結果、
アイドリング:2,000回転(変らず)
クラッチミート:3,500(~3,800)回転(4,500回転から下がる)
最高回転:8,200回転位(少し回った)
最高速度:k位(少しあがった、7,900回転)

強化クラッチスプリングを、入れたのに、
クラッチミートが、下がった、謎な My SUPER9Sです。
最高速はほんの少し伸びましたが、高回転が、悪いです。
5,000回転から7,000回転位は、良い感じですが、
7,000回転からの上がりが超スロー 悪いです。
PPS PPS・ミニVer.ゴールドの出番かな?
思い切って、BLADE S2 EVOLUTIONを、付けるか?

冷静に考えて・・・
制限速度:30km、通勤快速車仕様・・・
今が1番良い状態かも知れません。きっと。自己完結(笑)

2. 縁の無かったMFR・・・

けいちゃんさん、お久しぶりです。
とうとう駆動系チューンの世界に踏み込んだんですね~。

自分が駆動系をいじろうと思った頃、ちょうどMFRプーリーキットが登場したばっかりだったので、直接MFRのサイトに発注したのですが、1年以上経っても未だに返答がありません。

どこに行ったんでしょうね~、自分の個人情報。(笑)

今は楽天市場などでも流通していますが、自分はこの件があったのでMFRというメーカー自体を信用出来なくなり、MAROSSI導入に至ったというワケです。

でもメーカーとしての対応はともかく、製品自体はまともでMAROSSIと異なるセッティングらしいと聞きますので、ちょっと興味が湧いてきました。

ちなみに後日記事にしますが、試しにチャンバー装着してみたことがありますが、正直、自分の好みではありませんでした。(詳細は記事にて!)

ただいまコメントを受けつけておりません。

マロッシ製マルチバリエーター&ベルトを装着!

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 貯めたポイントを使って最安値でパーツを買うなら「楽天市場」■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ↑ 上のバナークリックでバイク用品売り場へジャンプ出来ます ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■




※ これは2006年5月25日当時に投稿した記事です。


キムコ スーパー9sのオーナーとなってから、その原付に似合わない高性能ぶりや車体サイズに満足していたのですが、しばらく乗っていると「もっと性能アップしたい!」という欲が出てきました。(原付の法定速度の事はこの際おいといて・・・汗)

自分が以前乗っていた「ディオBAJA」も、バイクパーツで有名なデイトナ社のハイスピードプーリーや強化ベルトを装着して性能アップを楽しんでいたのですが、キムコ スーパー9sは輸入車なので自分が購入した当時は国産メーカーで対応パーツを発売していませんでした。

そこでキムコ スーパー9s用のチューニングパーツとしてラインナップが豊富なイタリアのMAROSSI(マロッシ)というメーカーのハイスピードプーリー(マルチバリエーターという商品名)と強化ベルトの購入を考えました。


実はこの「マルチバリエーター」、実際に装着したユーザーのインプレッションでは「交換してもノーマルと変わらない」、「加工精度が悪い」、「ベルトの寿命が短い」など、あまり費用対効果は期待できないようでした。

しかしだからと言って諦めてノーマル状態で乗っていても、既に純正性能の限界が判ってしまった以上、それほどの効果は期待できなくても「自分の愛車を性能アップさせてみたい!」という冒険心を抑えることは出来ません。

しばらく考えたあげく、結局「マルチバリエーター」と「強化ケブラーベルト」を入手しました。

marossi マルチバリエーター


品物が届いて説明書を見ると、やっぱり全て外国語・・・。(焦)

少々ひるみましたが説明書にイラストが掲載されていたのと、以前ディオBAJAにて国産のハイスピードプーリーを交換したことがあるので交換方法自体は習得していた為、交換に踏み切りました。

しかし部品を確認した際、このマルチバリエーターの付属品の中には、黒いプラスチックのスペーサーらしきパーツがあり、説明書にも記載がありません。

どうやらサイズ的にプーリーのシャフトに装着できるのですが、これを装着するとプーリーのスライド量が規制されてしまい、最高速位置まで移動できません。

「ものはためし」と実際に装着して試走(!)してみましたが、アクセル全開でも30~40km/hくらいまでしか加速することができません。(笑)

もしかすると、国内の原付法定速度を厳守させるための「物理的スピードリミッター」なのかと思いましたが、どうやらこれはこの品番の「マルチバリエーター」を他の車種に装着する場合に使うらしく、キムコ スーパー9sには全くの不要パーツでした。

これは自分でキムコ スーパー9sにマルチバリエーターを装着された方の多くが疑問に思うと思います。

特に自分がキムコ スーパー9sを購入した頃はネットでも情報が少なかったので、実際に装着したのでその結果が判っていても、かなり最近まで「あのパーツは一体・・・?」と気になってました。

もしかして自分の装着場所が間違っているだけで、あのパーツを正規の場所につければ、「マルチバリエーターの本当の実力」が発揮されるのではないかとも思っていましたが(笑)、キムコ スーパー9sに装着するならば、あのパーツはサクッとゴミ箱に入れても大丈夫ですね!

さて、実際に装着する際には少々特殊な工具が必要で、「プーリーの回り止め」やクラッチスプリング交換用にだけ使う、マイナーなサイズのスパナが必要でした。


結局、クラッチスプリング交換には新たに工具を買う必要があったので、後日改めてということにしたのですが、プーリーを取り外す際にその外側にあるギアとボルトを一時固定する工具が上手く噛み合わず、手こずってしまいました。

そこで何か使えるものは無いかと工具箱を物色していたら、「先細バイスプライヤー」が、このギアの山にピッタリとはまることを発見したのでなんとかギアとボルトを外し、無事にマルチバリエーターと強化ベルトを交換できました。

marossi マルチバリエーター


マロッシの説明書にもこの「プーリー回り止め」を使って作業するようにと写真が掲載されていたので、今回の作業のためにわざわざこの工具を購入したのですが、自分の使い方が悪かったのか上手く使えないまま作業を終えました。(無駄な出費・・・)

さてマルチバリエーターと強化ベルトを装着し、ベルトを馴染ませるためにしばらく急加速などをせずに馴らし運転をした後、最高速チャレンジをしてみました。

結果、トップスピードがノーマルでは頭打ちだった速度を少し上回るだけで、やはり噂通りノーマルエンジンのままでは「費用対効果は少ない」という印象を受けました。

後日、スパナを購入して、マルチバリエーター付属のクラッチスプリングを交換したところ、若干加速がスムーズになった気がしますが・・・。

しかし今後、ウェイトローラーのセッティングを煮詰めて、マロッシから発売されているボアアップキットやハイギヤ、トルクカムなどの豊富に用意されているチューニングパーツを装着する予定があるならば、この交換はその第一歩として必要だと思います。

やはりチューニングによって性能アップするには、「トータルバランスが大事」ですね。







※ 当ブログの記事内容、及び 画像の無断使用と転載を禁じます。改造に伴う車体の故障、破損、人命に関わる事故や怪我などは全て自己責任でお願いします。改造によって車体売却時の査定額が下がっても当方では一切責任は持ちません。※
PR

コメント

1. おはようございます。

私は、へそ曲がりで、
MFR スポーツプーリーキット(WR:8.0g×6個)を、付けました。
電気系:PPS PPS・ミニVer.シルバー
マフラー:ノーマル、タイヤ:ノーマル

結果、
アイドリング:2,000回転(変らず)
クラッチミート:3,500(~3,800)回転(4,500回転から下がる)
最高回転:8,200回転位(少し回った)
最高速度:k位(少しあがった、7,900回転)

強化クラッチスプリングを、入れたのに、
クラッチミートが、下がった、謎な My SUPER9Sです。
最高速はほんの少し伸びましたが、高回転が、悪いです。
5,000回転から7,000回転位は、良い感じですが、
7,000回転からの上がりが超スロー 悪いです。
PPS PPS・ミニVer.ゴールドの出番かな?
思い切って、BLADE S2 EVOLUTIONを、付けるか?

冷静に考えて・・・
制限速度:30km、通勤快速車仕様・・・
今が1番良い状態かも知れません。きっと。自己完結(笑)

2. 縁の無かったMFR・・・

けいちゃんさん、お久しぶりです。
とうとう駆動系チューンの世界に踏み込んだんですね~。

自分が駆動系をいじろうと思った頃、ちょうどMFRプーリーキットが登場したばっかりだったので、直接MFRのサイトに発注したのですが、1年以上経っても未だに返答がありません。

どこに行ったんでしょうね~、自分の個人情報。(笑)

今は楽天市場などでも流通していますが、自分はこの件があったのでMFRというメーカー自体を信用出来なくなり、MAROSSI導入に至ったというワケです。

でもメーカーとしての対応はともかく、製品自体はまともでMAROSSIと異なるセッティングらしいと聞きますので、ちょっと興味が湧いてきました。

ちなみに後日記事にしますが、試しにチャンバー装着してみたことがありますが、正直、自分の好みではありませんでした。(詳細は記事にて!)

ただいまコメントを受けつけておりません。

■ 忍者カウンター ■

※ FC2ブログ 2006年3月11日からの累計数

■ 管理人プロフィール ■

HN:
GP02A(ガトウ・ショコラ)
性別:
男性
趣味:
DIY、クルマ、バイクいじり
自己紹介:
画像はお気に入りのMS「ガンダム試作2号機」こと「GP02A」です。管理人はこんな険しい人相の大男ですが、実は二匹の飼い猫を愛するネコ大好き男です。

このブログは2006年3月に開設し、更新終了後は放置していたFC2ブログを2015年6月に引っ越してきました。

台湾メーカーKYMCO社から発売されていた2スト50ccスクーター「スーパー9S」を独自のDIYや改造で自分らしくカスタマイズしていった記録を綴っています。

※ 更新する際に当時の記事を一部加筆修正していますが、日付は当時の投稿した日時のままですのでご注意ください。




gogo.gs